作成者別アーカイブ: iori

ハーフタイムデー

本日6月30日は6月最後の日であると同時に上半期最後の日でもあります。

1年の折り返しの月である6月の最終日“6月30日”を、最近では「ハーフタイムデー」と呼び、上半期の反省を行い、下半期の目標を設定する人が多いそうです。
今年の初めに目標を立てたかたも多いかと思いますが、いかがでしょうか。
折り返し地点でもある今日、立てた目標の修正をしたり、新たに下半期の目標を立てるのにちょうどいい日かと思います。

仕事の目標、学業での目標、趣味での目標・・・
目標があった方がモチベーションもあがりやすいですよね!

目標達成のためには大きな目標と小さな目標の両方を設定すると達成しやすいと言われています。
届きそうで届かない大きな目標を立てたら、次に届きそうな小さな目標を立てます。すると、小さな目標を達成していくうちに大きな目標だったところにとても近づくことができます。

みなさんはどんな目標をたてますか?

寝だめ

梅雨に入り、本日横浜では朝から雨が降り続いています。

休日に雨が降ると、外に出るのが億劫になりますよね。
いつも十分に寝れない分、お昼過ぎまで寝だめをしたり、一日中お家でごろごろして過ごすなんて方もいるのではないでしょうか。

しかし、不規則な睡眠や長時間の睡眠は、体内時計を狂わせたり、血液の循環が悪くなったり、代謝が下がってしまうなんてこともあります。

体内時計が狂うと、日中眠くなったり体がだるく感じたり、夜寝ようと思っても寝れなくなってしまうことがあります。
また、体内時計はホルモンにも関係しているため、肌がくすんだり吹き出物ができやすくなったりします。

長時間寝ると、同一姿勢で寝ることによる圧迫や体の動きが制限されるため循環が悪くなり、むくみや冷えがおこってしまうことがあります。
また、長時間寝た後に頭がさえなかったり、頭痛や肩がこるなんてこともあるのではないでしょうか。

ですが、やはり体を休めることはとても大事なことです。
休日でいつもより長く眠りたいときは、いつもよりはやく寝ることをオススメします。

睡眠を正しくとることで、疲れが取れやすくなり日中の活動も楽しくなるのではないでしょうか。

梅雨時期の体調

昨日今日と晴れておりますが、確か関東は梅雨入りしたはず・・・
梅雨時期というと、やはり悩ませられるのが『湿気』ですね。

東洋医学では病を引き起こす原因を、外側から入ってくる【外因】、内側から作用する【内因】、そのどちらでもない【不内外因】の3つに分けて考えます。
この『湿気』はその内の外因と考えられ、六淫(りくいん)と呼ばれる邪気の1つ 『湿邪(しつじゃ)』と呼ばれています。

この湿邪は陰性の邪気で、体の下の方を犯しやすく、重濁、粘帯性を持ち、蔵器では『胃・脾』を犯しやすいとされています。

『脾』の症状は食欲不振・腹部症状・便異常・むくみなどを引き起こし、飲食物の消化吸収・水分代謝がうまくできなくなります。
この症状は女性起こりやすく、この時期何となく怠かったり調子が悪かったりするのはそのせいです。

冷たい物を飲みすぎず、適度な運動で血流を良くし、体を温めてあげることで対処できますので、鍼灸治療と併せて養生しましょう。

ダイエットに、きのこ

今日、横浜では28℃で夏日となっております。
夏になりダイエットにも焦りが出てきている方が多いのではないでしょうか。
ダイエット中は食事制限などで栄養が偏りがちになってしまいます。
今日はダイエット中でも美容に気を付けていたいという方にオススメの『きのこ』について少しお話しさせていただきます。

きのこには様々な種類がありローカロリーのイメージがあると思いますが
、その他にもダイエットや美容に最適な栄養が多数含まれています。

えのきはビタミンB群のナイアシンを多く含みます。
ナイアシンは、糖質・脂質の代謝に関与し、消化機能を正常に保つ働きがあります。

しめじは、カロリーが他に比べて低く食物繊維とビタミンDが豊富に含まれています。
食物繊維は便通を促進する他、コレステロールを吸着し排泄する効果があります。ビタミンDはカルシウムの吸収に関与するため骨や筋肉を健康にする働きがあります。

しいたけはビタミンB6が含まれ、特に干ししいたけはビタミンDが生に比べると約10倍も含まれています。
ビタミンB6は皮膚を健康に保つ働きがあるため、肌荒れに効果があると言われています。

えのきは脂肪燃焼を助け、しめじは便秘解消、しいたけは美肌効果が期待でき、また、きのこ全般に含まれるビタミンB1は神経の伝達を正常に保つ効果があるため、イライラ抑制の効果があると言われています。

きのこを食べて、健康的に美しく痩せれたら嬉しいですね。

ワインと美容

6月に入り気温も徐々に上がり、外でお酒を飲むイベントもだんだん増えてきましたね。

6月3日(金)~6月12日(日)の期間で、【東京サマーワインフェス 2016 】なるものが東京ミッドタウンで開催されているようです。

今日はワインと美容について少しお話しさせていただきます。

赤ワインにはポリフェノールがたくさん含まれています。
ポリフェノールとは植物が持つ色素や苦みの成分の総称で、抗酸化作用があり体内の活性酸素を除去する効果が期待できます。活性酸素はニキビやシミ、お肌の老化の原因と言われており、呼吸によってとりこまれた酸素の一部が酸化して、カラダに悪影響を与えてしまうのです。

白ワインには多くのカリウムが含まれています。カリウムには、体内のナトリウムを排泄してくれる働きがあり利尿作用があるため、余分な水分や老廃物が外に排出される効果があります。これにより、むくみ防止やデトックス効果が期待できます。

また、白ワインには殺菌作用があるそうで、サルモネラ菌や大腸菌などの菌を殺菌してくれる効果が期待できると言われています。これにより、腸内環境のバランスを整え、アンチエイジングにつながります。

しかし、飲み過ぎは、翌日のむくみや化粧ノリに影響するため、1日の摂取量はグラス1~2杯程度が目安となります。

毎日少しずつ飲み、おいしくきれいを手に入れられれば嬉しいですね。

湿気と保湿

今日、横浜では朝から雨で湿気の多い陽気になっています。
梅雨も目前に差し掛かかっていますね。

湿気が多いからといって、スキンケアを怠っているなんてことありませんか。
湿気があるから保湿しなくてもいいなんて、大間違いです。
肌にはちょうどいいい湿度を保ち、外部刺激から守ることが大事です。

肌を守らず外の環境にさらしたままにすると、皮脂の分泌が増えたり乾燥肌になってしまうなんてこともあります。
湿気の多いの時期に、ニキビができやすい人は皮脂の分泌が増えているせいかもしれません。
過剰に分泌された皮脂に、ほこりや菌がつくと毛穴が詰まりやすくなったり肌荒れの原因になってしまいます。

また、曇りや雨が降っていても紫外線の量は少なくありません。
洗顔、保湿、紫外線対策などを怠らない様にしましょう。

当サロンでは、フェイシャルエステの様々なコースをご用意しております。
ニキビが気になる方には、肌荒れの炎症を抑える効果が期待できるスキンパックがおすすめです。
毛穴の黒ずみがあるが元々肌が弱く赤みが出やすいなんて人には、超音波で汚れを弾き飛ばすスクライバーがおすすめです。
お悩みをお伺いした後に、お客様に合わせたコースをご一緒に作成することも可能になります。

毎日のスキンケアを怠らず、たまには頑張った自分へのご褒美としてフェイシャルエステをしてみるのもいいのではないでしょうか。

夏バテ

外を歩く人を見ると、半袖の方が大分多くなってきました。
しかし、建物に入ると冷房にさらされ鳥肌がたってしまう方もいるのではないでしょうか。
冷房は汗をかかず快適に暮らせる一方、外との温度差で夏バテになりやすくなってしまいます。

今日は、夏バテ解消法についてお話しさせていただきます。

夏バテは主に体を冷やしてしまうことによる、体の機能やエネルギー低下によっておこるものです。

夏は体を外と内から温めることが大事です。

内から温める方法として、食事と運動があります。
白湯を飲むことや、温かいものスパイスの利いたものを食べることで体がポカポカと温まってきます。
運動は、激しくなくストレッチ程度の軽いものを20分程度行うだけでも、体が温まってきます。

外から温める方法は、お風呂に入ることです。
岩盤浴やサウナに入るのもいいですが、毎日続けられる方はあまりいないと思うので、浴槽に浸かることをオススメします。
夏は暑いため、浴槽に入らないままシャワーだけで済ましてしまう方も多いですが、あまり熱くない温度で浸かることでリラックス効果も得られ、入眠がしやすくなり体の疲れが取れやすくなります。

体をしっかり温めて、バテ知らずの体をつくりましょう。

足のにおい

6月に入り、一年の半分に差し掛かってきましたね。
予想では来週辺りに梅雨に入ると言われています。
梅雨に入り蒸し暑くなると、頭から足先まで、至るところから汗が流れてきますね。
特に、女子はストッキングやパンプスを履いているとにおいが強くなりこもりやすくなってきます。
今日は、足のにおいの原因と対策についてお話しします。

以前、汗線の中には水分を多く含んだ汗を多く分泌するところがあるとお話しさせていただきました。
足の裏にはその汗腺が発達しており、汗は出やすくなっていますが、実は汗自体のにおいは少ないのです。

においの原因は、細菌が関係しています。
皮膚表面には無数の常在菌がついており、これが汗により繁殖したり角質を分解することでにおいを発生させているのです。

においを抑えるためには、足と靴を清潔に保つことが大事です。

ボディーソープは保湿作用があるので、専用の石鹸または固形せっけんで洗うことをお勧めします。

古い角質は軽く手でこすれば落ちるので、力を入れ強くこすりすぎたりすると新しい角質もはがれ、隙間に細菌が繁殖しやすくなるので気を付けましょう。
汗をかいた時は、靴下を変えるなど蒸れを防ぐようにしましょう。

靴を脱いだら、殺菌や消臭効果のあるシュースプレーをし2.3日乾かすことによってにおい残りを防ぐことができます。

しっかり対策をして、足のにおいにさよならしましょう。

世界禁煙デー

今日、5月31日は【世界禁煙デー】
ということで、今日はタバコの有害性について少しお話しさせていただきます。

タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれていると言われており、その中でも、発がん性物質は約60種類ほどあると言われております。タバコの葉には依存性のあるニコチンが含まれていることは有名ですね。

タ バコを吸うことで、引き起こされる病気として良く知られているものの中に肺がんがありますが、その他にも喉頭がん、口腔・咽頭がん、食道がん、胃がん、肝 臓がん、すい臓がん、膀胱がん、子宮頸がんなどがあります。タバコの煙が直接触れていなくても、がんの発生リスクがあがるのですね。

種々の病気発生リスクが上がることの他にも、肌の老化、薄毛、口臭、流産、早産の原因となることがあります。
タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ血流を悪くする恐れがあります。血流が悪くなることで細胞に栄養がいきわたり辛くなったり皮膚の温度が低下したりします。代謝が悪くなることで、皮膚細胞の働きが衰え、しわ、たるみ、くすみ、かさつき、薄毛の原因になるのです。

さらに、たばこによってビタミンCが破壊されやすくなります。ビタミンCは、メラニン色素の生成を防ぐ作用や肌のコラーゲンの生成を助ける作用があります。不足することで、しみ、そばかすができやすくなることや、肌のハリ、ツヤが失われやすくなります。
良い化粧品などを使っていても、喫煙していては意味がなくなってしまうのではないでしょうか。

【禁煙】の第一歩として、
たばこのことを良く知ることから始めてみませんか。

みその日

毎月30日は、【みその日】
ということで、今日は味噌について少しお話しさせていただきます。

味噌は、主に大豆と塩、麹を加えて発酵させて作られる発酵食品です。
大豆は畑の肉と言われるほどたんぱく質が豊富で、さらに味噌にはビタミンや食物繊維なども含まれています。

これからさらに暑くなり疲労感が溜まりやすくなってきますが、そんな時に味噌は疲れた体を癒してくれるような食材です。

暑くなるといつも通りに生活をしていても、汗をかいてしまいますよね。汗をかくことにもエネルギーを使ってしまうので、いつもより疲労感を感じやすくなるのです。
また最近では冷房にあたることが増え、室内と外気温の変化により自律神経のバランスが崩れ手足の冷えを感じたりやイライラしやすかったり、内臓機能の低下により食欲不振になる方もいるのではないでしょうか。
食欲がないからと言って食事をとらないと、エネルギー源がなくなりさらに疲労感が増したり、体の糖分が少なくなってくると筋肉のアミノ酸を分解しエネルギーに変えようと体が働きどんどん疲れやすい体になっていってしまいます。

味噌を摂取しやすい、お味噌汁がお勧めです。
味噌を摂取することで、夏に不足しがちなたんぱく質を補うことができます。
お味噌汁にすることで海藻を入れればミネラル、野菜やキノコを入れればビタミンをさらに補うことができます。また、温かいものを口にするだけで副交感神経が刺激されたり、冷たいものを食べがちな夏には内臓をやさしく温めてくれます。

ただし、味噌には塩分が含まれているので摂り過ぎには注意しましょう。

これからさらに暑くなりますが、お味噌汁をのんで疲れにくい体を作っていきましょう。