世界禁煙デー

今日、5月31日は【世界禁煙デー】
ということで、今日はタバコの有害性について少しお話しさせていただきます。

タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれていると言われており、その中でも、発がん性物質は約60種類ほどあると言われております。タバコの葉には依存性のあるニコチンが含まれていることは有名ですね。

タ バコを吸うことで、引き起こされる病気として良く知られているものの中に肺がんがありますが、その他にも喉頭がん、口腔・咽頭がん、食道がん、胃がん、肝 臓がん、すい臓がん、膀胱がん、子宮頸がんなどがあります。タバコの煙が直接触れていなくても、がんの発生リスクがあがるのですね。

種々の病気発生リスクが上がることの他にも、肌の老化、薄毛、口臭、流産、早産の原因となることがあります。
タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ血流を悪くする恐れがあります。血流が悪くなることで細胞に栄養がいきわたり辛くなったり皮膚の温度が低下したりします。代謝が悪くなることで、皮膚細胞の働きが衰え、しわ、たるみ、くすみ、かさつき、薄毛の原因になるのです。

さらに、たばこによってビタミンCが破壊されやすくなります。ビタミンCは、メラニン色素の生成を防ぐ作用や肌のコラーゲンの生成を助ける作用があります。不足することで、しみ、そばかすができやすくなることや、肌のハリ、ツヤが失われやすくなります。
良い化粧品などを使っていても、喫煙していては意味がなくなってしまうのではないでしょうか。

【禁煙】の第一歩として、
たばこのことを良く知ることから始めてみませんか。