骨盤調整

最近、‘‘骨盤調整‘‘や‘‘骨盤の歪み‘‘を耳にしますが一体どうゆうことなのでしょうか。
今日は骨盤の仕組みからセルフケアまでご紹介いたします。

骨盤は、左右にある手のひらを軽く丸めたような形をしている浅い器型の完骨と真ん中にある逆三角の形をした仙骨からつくられています。
正常な人であるならば、骨のつなぎ目がずれることは少ないです。
では、なぜ歪みが現れるのでしょうか。

それは、筋肉が大きな要因となっています。

骨盤は、内臓や上半身を支える器のような役目をしているので大小様々たくさんの筋肉がついています。姿勢や歩き方などの生活習慣によって筋肉がいろんな方向から引っ張られ、人によってはある方向から強く引っ張られることで骨盤が‘‘傾いて‘‘しまうのです。
骨盤が傾ていると、内臓の働きが悪くなったり、肩こり、腰痛、冷え、むくみの原因になることもあります。

骨盤がどの方向に傾いているのかわかる、簡単な方法があります。
その1、足を組む。
足を習慣的に組む人は一方で組むことが多く、骨盤が傾きやすくなります。左右で組んでみて、組みやすい方が少し前に出てるということです。
その2、足を肩幅に開きバンザイをしてみる。
手が体幹の線より前側なら骨盤が前に、後ろなら骨盤が後ろに傾いています。

筋肉のせいで傾きが起きているのなら、緩めることで改善が期待されます。

では、簡単なセルフケアをご紹介します。
まず仰向けに寝て足そろえて立てて、手を自然な形で広げます。そのまま足を左右に少し体が傾く程度に揺らします。
あまり体全体に力が入らないように、リラックスして行える程度の揺れで十分です。足を揺らすことにより骨盤の筋肉が刺激され、傾きが改善されやすくなります。
初めは左右で倒れやすい方倒れにくい方がありますが、続けていくと左右バランスが整ってきます。

また、当サロンでは【骨盤調整コース】を‘‘40分‘‘と‘‘60分‘‘をご用意しております。
施術前に骨盤の傾きを見てお体の状態をしっかりお伝えしております。
自分の体を知り、一緒に健康な体づくりをしてみませんか。

背中ニキビ

今日、横浜では28℃と少し歩くだけでも‘‘じとっ‘‘と汗をかいてしまうような陽気です。
もう夏服を着ている方、夏服を用意した方もいるのではないでしょうか。夏になると背中を露出する機会が増えがちですが、しっかりケアできていますか。
今日は、背中ニキビの原因と対策についてお話しさせていただきます。

背中ニキビの原因は、肌の不清潔や外部刺激、食事のバランス、代謝の低下などがあげられます。
汗をかいた洋服のまま過ごしたり、シャンプーやリンスの流し残しがあると、皮脂のつまりの原因になります。汗をかいたら服を変えるようにする、シャンプーやリンスの流し残しは頭を洗ってから体を洗うなどの対策がとれますね。
脂肪や糖分は皮脂の原因となります。油分や糖分の多い食事なるべくは控え、肌のターンオーバーを助けてくれる、ビタミンA、B2、C、Eの摂取を心がけましょう。
運動し体の代謝を上げることでコラーゲンの代謝にも関与し、肌を健康な状態に保ってくれます。

しっかりケアを行い、きれいな後ろ姿をつくりましょう。

髪のケア

気づけば5月も半分が過ぎ、梅雨も目前に迫ってきています。梅雨になると髪の毛の広がりが気になる方も多いのではないでしょうか。今日は髪の毛の広がりの原因と解消法についてお話しさせていただきます。

髪の毛が広がる原因は、乾燥とダメージにあります。
髪の毛はキューティクルという角質化したたんぱく質で覆われており、キューティクルが密に整っていることで内部の水分を保ってくれ外部刺激から守ってくれたり、また光沢性や柔軟性を生むことができます。
キューティクルが剥がれ落ちると、乾燥や光沢性、柔軟性が失われるなどのダメージが生まれ、そこに湿気(水分)がランダムに入り込むことでうねりや広がりができます。

広がらない髪の毛をつくるためにはまず正しい乾かし方をしましょう。
タ オルドライを行い半乾きになってからドライヤーをかけます。キューティクルは、上から下に向かってるのでドライヤーをかける時には、キューティクルに沿っ て根元から毛先へかけます。毛先から根元に向かってドライヤーかけてしまうと、キューティクルに逆らってしまい剥がれやすくなってしまいます。また大体乾 いてきたら、冷風に切り替えあてると髪が落ち着きまとまりやすくなります。

梅雨に入る前にしっかり対策を行い、湿気にも負けない髪の毛づくりをしましょう。

目の下のたるみと美容鍼

美容鍼の効果の1つに『目の下のたるみ解消』があります。
なぜ効果があるのでしょう?

目元の皮膚は0.6mm〜1.1mmと非常に薄く脂肪がなく、筋肉(眼輪筋)に直接張り付いています。
加齢により筋肉が痩せたりすると、脂肪が誤魔化してくれませんので、たるみがすぐに目立ってきてしまいます。

なので、目の下のたるみには、
○筋肉の衰えを防ぐ事
○コラーゲン生成を促して筋肉が痩せるのを防ぐ事
が重要なのです。

そして最近では、朝から晩までPCやスマホとにらめっこの生活を送っている方が多いと思います。
目を酷使することにより、眼輪筋が緊張し続けて凝りがたまってしまいます。
筋肉は、伸びたり縮んだりしているのが大切で、伸びっぱなしでも縮みっぱなしでも弾力が失われてしまいます。

そこで鍼の登場です。
目周りのツボを鍼で刺激することにより、筋の凝りを解消し、コラーゲン生成を促すことができます。
また血流も良くなるので、眼精疲労やクマにも効果的です。

当サロンのお顔の鍼『楊貴妃』コースは、こういったツボも網羅した施術となっていますので、目の下のたるみに悩んでいる方はぜひお試しになってみてください。

汗対策

夏日が続くようになってきましたね。
暑くなってくると、増える女子にとっての悩み。汗。
今日はそんな汗対策についてお話ししたいと思います。

汗はメイクが崩れたり、ヘアスタイルが乱れたり・・・
困ることが多いですよね。
中でも気になるのがニオイ。
たくさん汗をかいている時って特に気になっちゃいますよね。
でも・・・全ての汗がにおうとは限らないのです。

暑さを感じた時や運動して体温が上がった時、体温調整のために出る汗はエクリン腺という汗腺からでるもので、その成分のほとんどが水分。
そのため無臭のことが多いのです。
ですが、汗腺が衰えてしまっている時は別です。
クーラー漬けの生活や運動不足により、汗をかく機会が減ると汗腺は退化してしまいます。
そうするとたくさんあるうちの汗腺の一部しか機能しなくなってしまうので、一部の汗腺から大量の、しかも濃度の濃い汗が出ることになってしまうのです。
その濃度の濃い汗が細菌の繁殖を招いて「におう汗=悪い汗」になってしまいます。

悪い汗をかいている場合は、ほてりや熱中症、疲れやすさの原因になるほか、代謝機能の低下を招き、太りやすい体質になってしまいます。

退化してしまった汗腺もトレーニングをすれば1ヶ月ほどで機能を取り戻すことができます。昨日お話ししたホットヨガなんかもおすすめですよ♪
ホットヨガに行けない方はご自宅で40度以上の熱めのお湯を洗面器などに張って足湯をするのことでお手軽汗腺トレーニングができますよ!

これから汗をかくことが多くなります。今のうちに汗腺をトレーニングしておきましょう!

ホットヨガ

暖かくなり運動しやすい季節になりましたね。
今、多くの方がやっているホットヨガ。何が人気の秘密なのでしょうか。
今日は、ホットヨガに期待されている効果について少しお話ししたいと思います。

ホットヨガは温度39℃前後、湿度55%~65%の高温多湿の環境で行うヨガです。
常温で行うヨガに比べると発汗量が多いため、デトックス効果や代謝UPの効果があるそうです。
老廃物を流すことと血行促進でダイエット効果だけではなく、肩こり・腰痛・むくみ・冷えの解消や美肌などにもつながりますね。
またヨガに比べると難しいポーズが少ないようです。無理な体制をとることで起きるケガなどが少なくなりますね。
さらに、このホットヨガにはリラックス効果があると言われており、日頃のストレスで溜まった精神的な疲れを癒すこともできるのだそうです。

身体的にも精神的にも疲れた時は、少し気分転換のために運動をしてみるのもいいですね。

豆腐の日

毎月12日は、豆腐の日(10→とう、2→ふ)だそうです。
ということで、今日は少し豆腐についてお話しさせていただきます。

豆腐は『畑の肉』と言われるように、たんぱく質が豊富なことで有名ですね。
豆腐に含まれるたんぱく質は代謝を良くし、消化が早いため体に優しい食べ物です。また、水分を多く含むため少ない量でも満腹感がありダイエットにも向いていると言えます。

その他にも、ビタミンやミネラルを含んでいます。

ビタミンB1は、神経の情報伝達を正常に維持してくれる働きがあり、精神機能のバランスに関与しています。
ビタミンB2は脂質の代謝を促進するほか過酸化脂質の生成を抑え、コレステロールの濃度を低下させる働きがあります。
ビタミンEは、細胞を損傷する活性酸素を抑える抗酸化作用があります。

イソフラボンは、女性ホルモンと似ている働きをすると言われるため、美肌や髪にハリ・ツヤを与えてくれる効果が期待されています。
rto
豆腐を食べて、健康的で美しい体を手に入れたいですね。

美顔鍼の新メニュー その2

以前ブログで4月からの新メニューをご紹介しました。
スタンダードな美顔鍼に頭の鍼をプラスした『楊貴妃Plus』と言うコースです。
頭皮にも刺鍼することによって、更なるリフトアップを希望される方にオススメと書きましたが、もっともっと!リフトアップしたい!!という方に新たなコースをご紹介したいと思います。

その名も『楊貴妃Gold』です。
こちらのコースは、お顔の鍼+頭皮の鍼の『楊貴妃Plus』に『生コラーゲン浸透』をプラスしたコースになります。

『生コラーゲン』とは?
フェース化粧品と東京理科大学とが合同で開発した生コラーゲン製剤です。
コラーゲン配合のよくある化粧品とは違い、体内に元々ある三重らせん構造のコラーゲンをナノカプセルという人工細胞に絡めたものになります。
いわゆる一般的なコラーゲン配合の化粧品では「加水分解コラーゲン」が使用されているものがほとんどです。しかし、このコラーゲンは『生コラーゲン』の1/3ほどの保水力しかない上に、肌の表面を潤すことしかできず、肌の奥まで浸透させることはできません。
それに対し『生コラーゲン』は、体内にあるコラーゲンと同じものを人工細胞に絡ませるてあるので、肌の奥深くまで浸透させることができるのです。

美顔鍼によってご自身でコラーゲンを産生させつつ、さらに外からコラーゲンを入れることができるので、リフトアップ効果は絶大です!!

『楊貴妃Plus』にプラス3,000円で『楊貴妃Gold』をお試しいただけます。
とにかくとにかくリフトアップしたい!!という方は是非お試しになってみてください!

コットンパッティング

今日、5月10日は「コットンの日」だそうです。
五(こ)ten(テン)で「コットン」の語呂合せと、綿が夏物素材としてよく使用されるため、5月が店頭販売の最盛期を迎えることから由来しているそうです。

そこで今日はコットンパッティングについてお話ししたいと思います。
化粧水をお肌に浸透させるための毎日の習慣になっている方も多いかと思います。
ですが、このコットンパッティング。間違ったやり方をしているとかえって肌を痛め老化を促進させてしまいます。

バシバシと叩くようなパッティングをしたり、コットンの繊維が毛羽立っているのにパッティングを続けたりなんてことはしていませんか?
もししているようであれば今日からケアの仕方を変えていきましょう!

まず、コットンはピンっとはって、化粧水がヒタヒタになるまで含ませます。

次にパッティングの順番ですが、 下から上、アゴ、頬、おでこの順に向かってパッティングします。もちろんバシバシ叩くのはNGです。

最後に、使ったコットンは捨てずに、優しく丁重に貼ってパックしましょう。こちらは10分以内を目安とします。コットンが乾くまではやらないこと!

ムラなく顔全体に、肌の奥まで化粧水の美容成分が浸透してうるおい効果が上がり乾燥肌もうるうる肌に♪
しっかり角質層まで浸透することによってお肌がふっくらとして、毛穴もキュッと引き締まり、目立ちにくくなりますよ。
ただしいコットンパッティングで美肌つくりをしていきましょう!

アイスクリームの日

今日、5/9は『アイスクリームの日』だそうです。
東京アイスクリーム協会がアイスクリームの一層の消費拡大を願い、東京オリンピック開催年の昭和39年に、アイスクリームのシーズンインとなる連休明けの5月9日に記念事業を開催し、アイスクリームのプレゼントを行ったそうです。
それから、毎年5月9日を『アイスクリームの日』として決めたそうです。
アイスクリームで有名な31アイスも、今日はレギュラーコーン100円のキャンペーンをやっているそうです。
これから暑くなるとアイスなどの冷たいものが食べたくなりますね。
東洋医学では消化を行っている『脾』は、甘いものや冷たいものを食べ過ぎると消化吸収が悪くなり、体の冷えやむくみ、だるさにつながると考えられています。
食べ過ぎには気をつけましょう。