IORI BLOG

眼精疲労について

みなさまこんにちは、青葉台IORIです。

みなさまは普段目の疲れを感じることはありますか?当店にいらっしゃるお客様の多くが、目の疲れを感じています。

眼精疲労からくる頭痛・目の奥がずーんと重たい・目が開きにくい・しょぼしょぼする・眉毛周りが凝っている・視界がかすむなどの症状が睡眠などで休息を取っても残る場合を【眼精疲労】といい、その原因はスマホの普及・長時間のデスクワークなどの影響があると言われています。

スマホやパソコンのディスプレイから可視光線という光を放って画面を表示しています。暗い所でスマホやパソコンを表示すると明るくなるその光が可視光線です。人の目には瞳孔という目の中に入ってくる光を調節する器官があります。

明るい所→瞳孔が閉じる

暗い所→瞳孔が開く

瞳孔の開閉は自律神経が行っているので私たちの意思とは関係なく行われています。ですので、ディスプレイを見続けていると瞳孔は常に緊張状態になり、自律神経も緊張状態でい続けます。その結果、瞳孔を動かしている目の筋肉は疲労し眼精疲労になってしまいます。自律神経も疲労を起こしバランスを崩すと自律神経失調症にもなってしまうので気を付けましょう。

また、近視・乱視・老眼が進行してくると、何かものを見るとき何とかピントを合わせようと目を凝らして見るため、目の筋肉である毛様体筋や首肩の筋肉は緊張し続けます。首肩の筋肉が凝ってしまうと周辺の神経や血管を圧迫し、頭痛などの痛み、老廃物が滞りむくみなどにも繋がります。眼鏡やコンタクトがあっていない場合には、毛様体筋が緊張し続け疲労を起こし眼精疲労を感じるようになります。

以上の事から眼精疲労の原因をまとめると、

・目の筋肉の疲労

・首肩こりによる血管圧迫により、目の周辺の老廃物が滞っている

・自律神経のバランス失調

これらの原因を取り除くことが出来れば、眼精疲労の根本改善に繋がります。

《セルフケア方法》

大事なことは毎日の疲れをため込まない事です。

目は毎日使い負担がかかるもの。使った後にはケアをしてその日の疲れはその日のうちに取って行ければ眼精疲労にまで発展するのを防げます

◎目周りをほぐす

ディスプレイを長時間見る事が続く場合、出来れば30分に1度、厳しければ1~2時間に一度は休憩をして目の周りを軽く圧迫しながらほぐします。こめかみや側頭部、眉毛周りをぐーっと心地良い強さで圧迫してみて下さい。

◎遠くを見る

スマホやパソコンなど近くのものを見続けると疲労が溜まりやすいので、こまめに窓の外や遠くの景色などをみる時間を作ってみてください。

◎ホットアイマスク

休憩時間や夜寝る前にホットアイマスクで血行を良くしましょう。市販のものでもいいですし、なければ濡らしたタオルをラップで包み20秒レンジで温めてから別のタオルで包んだものでも代用できます。

凝っている箇所は血行が悪くなっているので温めて巡りを良くするのが効果的です。

是非出来そうなものから実践してみて下さい。

《眼精疲労に鍼がおすすめ》

鍼には血行を促し凝っている筋肉をほぐす効果があります。

また、自律神経の乱れを整えてリラックス効果も期待できるので眼精疲労を起こす原因にしっかりとアプローチすることが出来ます。目に関係する目周りや首周りのツボにダイレクトに鍼を打つと、ズーンと響きが出て心地よい気持ちよさも!施術後は、重たく感じていた目がスッキリし、視界がクリアになったりしょぼしょぼ感がなくなったり効果を実感頂けるかと思います。

1度の施術でも効果を感じて頂けますが、目は毎日使うものなのでご自身でケアをしながら定期的に鍼の施術を行うのがおすすめです。

《お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、キャンセルや予約の変更をご検討ください
・マスクの着用はお客様のご判断にお任せいたします
・待合室・トイレに手指消毒液を設置しておりますのでご自由にお使いください

みなさまに安心してご利用いただけますよう努めております。
何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。
※ご不明点・ご相談はお気軽にお電話ください

鍼灸師 MATSUMOTO

関連記事

  1. 鍼の写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸 横濱IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
鍼灸 青葉台IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
PAGE TOP