IORI BLOG

身体を温めると意外な効果が!

寒さが増していく今日この頃、皆さんは寒さ対策にどんなことを行っていますか?
『冷えは万病の元』と言われているように、冷えることで肩こりや腰痛が起こりやすくなったり免疫力が低下してしまったり内臓の働きが低下してしまうこともあります。
体を温めることはそれらを防ぐ事だけではなく、その他にもすごい効果があります!

それは、

ヒートショックプロテイン

です!!
今回は≪ ヒートショックプロテイン ≫についてお話ししたいと思います。

◎ヒートショックプロテインとは
ヒートショックプロテインとは、「温熱刺激※によって体内で生成されるつくられるタンパク質」のことです。(※刺激は温熱だけには限りません)
人の身体には、外部環境が変化しても体内を一定に保つ『恒常性』があります。
外部環境の急激な変化には追いつけなく体調を崩してしまう事があります。外部環境を徐々に変化させていくと慣れて耐えられるように、一度、中程度の刺激を与えておくことで、それ以上の強い刺激に備えて体が準備してくれるようになります。
その際に体内で作られるものが『ヒートショックプロテイン』であり、温熱刺激に耐えられるようになるだけではなく、ストレスを軽減してくれたり、細胞の修復を助けてくれたり、免疫機能を高めてくれたり、睡眠を深くしてくれる効果があります。
また、美容効果もあり、シワ改善やシミ予防にも効果があります!

◎ヒートショックプロテインの生成
自宅で簡単にヒートショックプロテインをつくるコツは、身体に少し熱めの刺激を加える事です。
入浴で言うと41℃前後のお湯に約15分ほど浸かる必要があります。(体調を気にし、短時間湯船から出て休憩してもOKです。)
温泉などに行った際、リラックス効果を感じたり、よく眠れるようになると感じる人は、このヒートショックプロテインの影響が出ているかもしれません。

湯船が苦手、夜は時間がなく湯船に浸かることができないなんて方は、《お灸》を検討してみてください♪
当サロンで使っているお灸の温度は42℃前後です。温度だけで聞くと熱めに感じますが、入浴と違って範囲が狭いので体感としてはそこまで熱くなく、また熱さを感じた際はすぐ取り除きますのでご安心ください。
鍼と灸の両方の刺激を加えられる『灸頭鍼』を始めました!
お灸が直接肌に触れないので火傷の心配も少なく、ほんわか温かい刺激が体を癒してくれます♪

▼おすすめコース
PAEAN 60 -鍼灸施術60分コース-
(お灸をご要望の際は施術前にお伝えください)

今年はなんだか寒くなりそうな予感、、、。
寒さ対策をしっかりして健康に過ごしましょう!


当サロン独自の新型コロナウイルス感染防止ガイドラインに基づく下記の対策を行なっております。
⦅衛生対策⦆
・出勤前後の検温の実施
・常時マスク・メガネ・ゴーグル着用
・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環
・受付窓を常時開放しての換気
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・施術ベッドの使い捨てシーツの利用
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等


⦅お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください
・施術中も含めたマスク着用
・来店時の検温と手指消毒
・アフターティーサービスの休止

《美顔鍼を受ける方》
マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。
※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。

みなさまに安心してご利用いただけますよう努めております。
何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。


鍼灸 横濱IORI
鍼灸師 ASANO

関連記事

  1. アポロディーテのイメージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸 横濱IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
鍼灸 青葉台IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
PAGE TOP