IORI BLOG

「睡眠のお話」

こんにちは。鍼灸 横濱IORIです。

春は、新生活や寒暖差など環境の変化により気付かない間に自律神経に負担がかかりやすくなります。

寝つきの悪さや布団に入っても頭がさえている感じがあったら自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが乱れているサインかもしれません。

今回は、「睡眠」についてお話をしたいと思います。

◎睡眠と年齢の関係

中国の古典「皇帝内経(こうていだいけい)」には年齢と睡眠に関係について「年を取ると気血、特に気が衰える為、夜はよく眠れなくなる」といった内容が書かれています。

実際に子どもの時は、長時間寝続けられても加齢とともに「長く寝られない」、「熟睡感が得られない」などの悩みが増えたとのお声を聞くことがあります。

以前の様に眠ることが出来ないと感じる方にオススメなのは、日中30分以内の短時間に睡眠をとることです。

年齢を重ねて気が不足した所に仕事の忙しさや過度のストレスがかかると気を余計にすり減らす上、寝不足により気の不足が悪化し疲れが蓄積してしまいます。

短時間でも睡眠をとりリラックスする時間を入れることで体調を崩さぬようにバランスをとりましょう。

◎睡眠環境の整え方

睡眠が不調の場合は、気だけでなく血も不足して身体が冷えている可能性があります。

眠気は身体の熱が手足から放散されるときに起こるので、身体に温かさが無いと起こりません。

睡眠を取る2時間前に入浴し身体を温めておくと眠気が起こりやすくなります。

また、環境としては光は暖色系の蛍光灯が好ましく、音は木の葉が触れる程度の静かな雑音、室温は33℃が望ましいとされています。

◎睡眠とツボ

手や脚が冷えてしまって寝つきにくいタイプ:手の「井穴(せいけつ)」がオススメ

井穴は指の爪の左右の縦線と爪の付け根の線が交わったところです。毛細血管が豊富なので気持ち良いと感じる程度の力で10秒ほど刺激をすると副交感神経の反射が起こり、指先の血流が促されます。

目がさえてしまって眠れないタイプ:百会がオススメ

左右の耳の先端を頭の頂上に向かって指で抑えて左右の手が交わる所にあるツボです。

緊張などを和らげて精神をリラックスさせてくれるツボなので指の腹で10秒ほどマッサージをするのがオススメです。

鍼灸施術で肩こりや頭のこり、身体を温めることで血行促進を行ない快適な睡眠をとれるようにお手伝いをさせて頂きます。

春で忙しくなるこの時期にぜひ、リラックスのためにもお越しください。

—————————————————————————————

少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております。

⦅衛生対策⦆

・出勤前後の検温の実施

・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用

・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環

・受付窓を常時開放しての換気

・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施

・施術ベッドの使い捨てシーツの利用

・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等

・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等

・手袋着用による施術

また、お客様へもご協力をお願いしております。

⦅お客様へのお願い》

・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください

・施術中も含めたマスク着用

・来店時の検温と手指消毒

・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止

⦅美顔鍼を受ける方へ》

マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。

※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。

ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

—————————————————————————————

鍼灸 横濱IORI

鍼灸師 KUDO

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸 横濱IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
鍼灸 青葉台IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
PAGE TOP