IORI BLOG

温活中の注意点《ヒートショック》

日中は暖かい日もありますが、まだまだ朝晩は寒さが辛く感じます。
お身体の冷え対策として、ご自宅で湯船に浸かる方もいると思いますが、一歩間違えれば≪ヒートショック≫が起きるかもしれません。

◎ヒートショックとは
気温の急変化により血圧に変動が生じ血管に強い負担がかかること、またはそれによっておこる疾患のことを言います。
疾患の例としては、脳内出血、脳梗塞、心筋梗塞、大動脈剥離などがあります。
冬の脱衣所とお風呂場の間で起こりやすく、[お風呂から上がり温まった身体で寒い脱衣所に移動した時]、[寒い脱衣所から温かい湯船に急に浸かる]ことで、ヒートショックが起きます。
高血圧や糖尿病などの持病がある場合や65歳以上の方は特に、血管が脆く傷つきやすくなっているため疾患のリスクが高まります。
さらには、トイレでもヒートショックは起こる可能性があり、リビングなどの温かい場所から廊下やトイレなどの寒い場所に薄着で移動する際にも注意が必要です。

◎予防策

・脱衣所を温める
→小型のヒーターなどを設置したり、窓があるなら外気が入り込まないように隙間埋めをする
・湯船やお湯の設定温度を少し低くする
→血圧の【変動】がカギとなるため、温度差をできるだけ小さくする。
・早い時間にお風呂に入る
→気温が低いと温度の差が大きくなるため、比較的寒さが弱い時間帯にお風呂を済ませる など

温活時の注意点をお伝えしましたが、身体を温めることは身体にとって良いこと尽くしで、疲労回復力・免疫力・代謝の向上などの効果があります。

IORIでは、お灸・ホットストーン・よもぎ蒸しで身体を温めることが出来ます。
それぞれ詳しい効果や内容については過去のブログをご覧ください。
『 お灸の基本 』
『ホットストーンはじまります!』
『【青葉台店】黄土よもぎ蒸し始めます』

ご自宅では温活が難しい方、セルフケアでは効果がいまいちな方など、ぜひ試してみてください!
明日から3月になりますが、まだ寒い日が続きますので身体への負担を気にしつつ、温活していきましょう!


平素よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。
当サロンは神奈川県感染防止対策取組書及び公益社団法人日本鍼灸師会のガイドラインに基づいた独自の新型コロナウイルス感染防止ガイドラインによる対策を行っております。
令和5年3月13日以降、政府による新型コロナウイルス感染症対策におけるマスク着用の考え方の変更により、当サロンにおける新型コロナウイルス感染防止対策を下記の通り変更いたします。

《衛生対策》
・出勤前後の検温の実施
・常時マスクの着用
・各ベッドにサーキュレーターや空気清浄機設置による空気の循環
・受付窓を常時開放しての換気
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等

《お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、キャンセルや予約の変更をご検討ください
・マスクの着用はお客さまのご判断にお任せいたします
・来店時の手指消毒

みなさまに安心してご利用いただけますよう努めております。
何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。


鍼灸 横濱IORI
鍼灸師 ASANO

関連記事

  1. インテリアの写真
  2. ウルトラソニックの写真
  3. 痛みに悩んでいる女性の写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸 横濱IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
鍼灸 青葉台IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
PAGE TOP