IORI BLOG

美容鍼が肌へもたらす効果

こんにちは。鍼灸 横濱IORIです。

乾燥する季節、お肌の悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今回は美容鍼が肌へどのような効果をもたらすのかご紹介させていただきます。

肌の構造を理解していただくと効果についてより理解が深まると思うので、肌の構造からお話します。

肌の構造は大きく3つの層からできていて、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」とできています。

表皮は外部からの異物の侵入や体の水分の蒸散を防ぐバリアとなって、内部を保護しています。

真皮は大部分を占めるコラーゲンや、エラスチンなどにより、肌を支え、形や弾力を保つ働きがあります。

皮下組織は大部分が皮下脂肪で、クッションの役割をしています。外部からの刺激や衝撃をやわらげたり、熱を伝えにくいという性質から断熱・保温の働きをしたり、エネルギーを脂肪のかたちで蓄える役割もしています。

皆さんが普段、化粧水等でケアできる範囲が一番外側にある「表皮」のみとなっています。お肌の『ハリ・つや・弾力』の決め手となるコラーゲンやエラスチンの生成されるている「真皮」は自分でのケアでは難しくなっています。また老化や紫外線により、コラーゲンなどの破壊が行わるので、『シワ、しみ、たるみ』がでてきてしまうのです。

そこで鍼の出番です。

鍼の強みは何といっても「皮下組織まで鍼が達する」ということです。

化粧水でケアできない真皮までしっかりと鍼がとどき、約0.1mmの小さな傷を作ることで、体がもっている修復力をつかって、コラーゲンやエラスチンなどをつくります。

それにより『ハリ・つや・弾力』がうまれ、若々しい肌へと導きます。

肌への効果は体内の免疫が修復する過程で起きるものなので2~3週間すると変化が出てきます。しかし始めの頃は効果は実感しにくいため、定期的に繰り返し鍼を受けることでより変化をご実感いただけます。

鍼を受けた直後(3日以内)は化粧水などの吸収力も上がり、『保湿・ツヤ』の改善も可能です。体内からの変化ではなく、外側からのケアになる為、日数が経っていない直後でも変化を感じることができるのです。

このように鍼はご自身が持っている修復する力を使って肌の改善を行っていきますので、体にも優しく尚且つ、若々しい美しいお肌を手に入れる手助けができると思います。

皆さんも是非美容鍼を受けてみてはいかがでしょうか。

KOBAYASHI

関連記事

  1. 美容鍼の写真
  2. 鍼の写真
  3. 楊貴妃プラチナのイメージ
  4. 痛みに悩んでいる女性の写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP