IORI BLOG

春の食養生

こんにちは。鍼灸 横濱IORIです。

今回は春の食養生についてお話ししたいと思います。

東洋医学では、立春からの数か月(2月・3月・4月)を「発陳(はっちん)」と呼びます。

これは「発生」という意味ですが、身体の中では冬に溜めた内側のエネルギーを春に発散し活性化させるようにシフトチェンジを行います。

春の陽気が盛んになるにつれ、身体も新陳代謝が活発になり、エネルギーの消費量も増加します。

この時期には早寝早起きを心掛けて散歩をするなどゆっくり身体を動かすことが大切になります。

また、東洋医学から考えると「肝臓」の動きを助ける食材を摂るように心掛けることが大切です。

オススメの味覚としては「苦味」のあるものや「肝の気を調節してくれる食べ物」がオススメになります。

【苦味のある食材】

菜の花、フキノトウ、タラの芽、ゼンマイなどの山菜 

【肝の働きをよくする食材】

セロリ、あさり、にら、にんにくの芽、タケノコ

【気を補ったり巡りをよくする食材】

鶏肉、キャベツ、ジャスミン茶、棗(ナツメ)

身体の内側のケアとして春の味覚を取り入れて身体の調子を整え、春を快適に過ごしていきましょう。

身体の外側のケアとしては、春の体調不良でも上位に入る肩凝り・不眠に対しては鍼灸施術で不調を緩和することが出来ます。

【オススメのコース】

頭痛や眼精疲労、リフトアップや自律神経を整えたい方にオススメです。

ゼノビアPLS 75分 \13420-

頭痛や肩凝り、腰痛など在宅勤務でよりお疲れを感じている方にオススメのコースです。

パイアン90 90分 ¥13310-

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

————————————————————————————
少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております。

⦅衛生対策⦆
・出勤前後の検温の実施
・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用
・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環
・受付窓を常時開放しての換気
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・施術ベッドの使い捨てシーツの利用
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等

また、お客様へもご協力をお願いしております。

⦅お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください
・施術中も含めたマスク着用
・来店時の検温と手指消毒
・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止

⦅美顔鍼を受ける方へ》
マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。
※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。

⦅フェイシャルコースの一時休止》
お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。

ご理解とご来店時のご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。
—————————————————————————————

鍼灸 横濱IORI

KUDO

関連記事

  1. パイアンの写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP