IORI BLOG

紫外線(UV)と美容鍼

こんにちは。鍼灸 横濱IORIです。

まだ梅雨明けにはなりませんが、この時期に気になるのが紫外線ですよね。
気象庁の発表によると紫外線の強い季節は5月から7月にかけてがピークとなり、時間帯としては10時頃から14時までが最も強いとされているようです。

紫外線(以下UVと表記)の種類としては、波長の長いものからUVA、UVB、UVCに分類できます。
UVCは上空のオゾンと酸素分子によって吸収され地表には到達しませんが、波長の長いUVAとUVBは到達します。
特にUVAは全紫外線のうち約90パーセントを占め季節を問わず存在し続けるものです。
夕方にも完全に消えることはなく私たちは気づかないうちに紫外線を受け続けていることになります。

では、なぜUVが肌によくないと言われるのでしょうか。
UVA自体のエネルギーは強くないと考えられてはいるものの、波長が長いため肌の奥でハリや弾力性をうむ細胞(線維芽細胞)が存在する層にまで達し傷をつけてしまいます。
その結果、UVAを浴びた肌は弾力性を生み出す機能が低下するため弾力性を失い、老化現象を引き起こすと考えられています。
さらにUVAはメラニン色素(シミなどとして見えてくる黒い色素)を作り出す能力を活発化させ、シミを増やしてしまいます。

UVBはUVAほど深達しないものの、肌の表面への作用が強いため、短時間さらされるだけでもサンバーン(日やけによる炎症反応で肌が赤くなる現象)や、サンタン(色素沈着反応で数日後に肌が黒くなる現象)を引き起こします。

日ごろから天気を問わず、日焼け止めや日傘でUV予防をすること、シミ対策として美容液に美白成分が含まれるもの(ビタミンC誘導体が多いもの)を選んで使用するのがおすすめです。

また、美容液はお肌のバリア機能により、基本的には角質層(お肌の細胞は大きくわけると表皮、真皮、皮下組織と大別され、表皮の中でも一番表面の層)までしか到達できません。
UVBのケアとしては有効ですが、深度の深いUVAへのケアとしては不十分です。
その点、美容鍼はお肌の真皮層(お肌の細胞の深層)まで到達し、血行促進や真皮層に存在する線維芽細胞を刺激して、コラーゲンやエラスチンの産生を促しお肌にハリを与えることが可能です。

未来のお肌を守るお手伝いをご一緒にさせていただけましたら幸いです。
——————————————
少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております 。
⦅衛生対策⦆
・出勤前後の検温の実施
・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用
・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環
・受付窓を常時開放しての換気
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・施術ベッドの使い捨てシーツの利用
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等
・手袋着用による施術

また、お客様へもご協力をお願いしております。
⦅お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください
・施術中も含めたマスク着用
・来店時の検温と手指消毒
・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止

⦅美顔鍼を受ける方へ》
マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。
※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。
⦅フェイシャルコースの一時休止》
お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。
——————————————

鍼灸 横濱IORI

鍼灸師 KUDO

関連記事

  1. 楊貴妃プラチナのイメージ
  2. 美容鍼の写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP