IORI BLOG

梅雨に摂りたい食事

こんにちは。鍼灸 横濱IORIです。
体調を崩しやすいこの季節、重だるさや疲労から食欲がなくなってしまったり、つい食べ過ぎてしまいませんか。

以前ブログで紹介しましたが(湿気と東洋医学)、東洋医学では梅雨の時期は「湿邪(しつじゃ)」が大気中の湿気が口や鼻、皮膚などを通じて体に入り、体の不調を起こす要因になっています。

「湿」には重い、ネバネバしている、停滞といった性質があるため、重だるさや頭痛、頭重、むくみといった症状をもたらします。

冷たいもの(アイス、ジュース、ビールなど)や生もの(刺身、生野菜、果物など)、甘いもの(お菓子、砂糖たっぷりの飲み物など)は、胃腸や体を冷やし、水分や湿を停滞させてしまいます。

そこで旬の野菜や果物などを天気や気候にあわせ取り入れてあげることで、お体の調子が改善されます。

では、梅雨の時期に適切な食べ物をご紹介したいと思います。

≪体の湿を取り除く食べ物≫
・しそ
・セロリ
・三つ葉
・パセリ

*余分な湿を散らす働きがあり、排出の手助けをしてくれます。

≪水分代謝をよくし、胃腸の調子を整える食べ物≫
・とうもろこし
・キャベツ
・そら豆
・かぼちゃ
・鰹
・鶏肉 

*余分な水分を排出して胃腸を整える働きがあります。

≪利尿効果がある食べ物≫
・小豆
・黒豆
・あさり 
・はまぐり
・昆布

*利尿作用があり、むくみに関してとても有効な食材ですが、同時に体を冷やしてしまうということにもなります。冷えやすい方はしょうがなどを一緒に取り入れ、体を冷やさないように心がけてください。

梅雨の時期積極的に摂ると、お体の不調も改善されます。お悩みに合わせてバランスよく食材を摂りいれてみて下さいね。

また、鍼灸は体の巡りをよくし、むくみや重だるさを改善し、「湿」を取り除くことができます。

食事や睡眠など大切になってきますが、自律神経やお体の疲れを鍼灸で治療することでさらに体調の改善がみられます。

この時期は、お体と鍼とお顔と頭の鍼で自律神経を整えるとより効果を発揮できますので、ぜひお試しいただけたらと思います。

——————————————
少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております 。
⦅衛生対策⦆
・出勤前後の検温の実施
・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用
・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環
・受付窓を常時開放しての換気
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・施術ベッドの使い捨てシーツの利用
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等
・手袋着用による施術

また、お客様へもご協力をお願いしております。
⦅お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください
・施術中も含めたマスク着用
・来店時の検温と手指消毒
・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止

⦅美顔鍼を受ける方へ》
マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。
※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。
⦅フェイシャルコースの一時休止》
お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。
——————————————

鍼灸 横濱IORI
鍼灸師 KOBAYASHI

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP