IORI BLOG

湿気と東洋医学

こんにちは鍼灸 横濱IORIです。
じめじめとした梅雨の季節になりました。
ジメジメした梅雨は、湿気の高さや気圧の変化から独特の体調不良が起こりやすい時期です。
体がだるい、頭痛めまいがする、むくみやすい、食欲がない、眠れない、、などの症状が出やすくなった方も多いのではないでしょうか?
原因は主に「湿」です。

「湿」とは東洋医学的に言い表すと、過剰な湿気“湿邪(しつじゃ)”と呼び、体に入り込みます。湿気が多いところでは十分に汗をかくことができず体内の水分を必要以上に増やしてしまい、余分な水分は体のあちこちに溜まり、むくみや頭痛、めまい、食欲不振など、さまざまな症状を引き起こす原因となってしまいます。そのためできるだけ温かい飲み物を摂取するようにし消化に負担がかからないようにすることも重要です。

またこの季節は気圧が低い状態が多くなります。すると空気中の酸素が少なくなり体は活動を最小限に抑えようと働きます。通常昼間は交感神経(活発モード)が優位になるが副交感神経(リラックスモード)が日中に優位になってしまい体のだるさや眠気が出やすくなります。そのような時には規則正しい生活を心掛け朝太陽の光を浴び体内をリセットするようにしてみたり、軽くストレッチをするなどもオススメです。

また、湿は鍼やお灸で取り除くことが可能です。
実際に体験していただくと体が楽になるのが実感できると思いますので是非一度お試しください。

——————————————
少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、横濱IORIでは下記の対策を行っております 。
⦅衛生対策⦆
・出勤前後の検温の実施
・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用
・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環
・受付窓を常時開放しての換気
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・施術ベッドの使い捨てシーツの利用
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等
・手袋着用による施術
また、お客様へもご協力をお願いしております。
⦅お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください
・施術中も含めたマスク着用
・来店時の検温と手指消毒
・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止 
⦅美顔鍼を受ける方へ》
マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。 
⦅フェイシャルコースの一時休止》お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。
 ——————————————
鍼灸 横濱IORI
鍼灸師 OUCHI

関連記事

  1. ゼノビアスタンダードのイメージ
  2. 痛みに悩んでいる女性の写真
  3. 楊貴妃プラチナのイメージ
  4. 鍼の写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP