IORI BLOG

睡眠と体温

みなさんこんにちは鍼灸横濱IORIです。

だんだんと過ごしやすい季節になってきましたね。寒暖差が大きくもありますが、いかがお過ごしでしょうか。

今日は睡眠と体温についてお話したいと思います。

私たち人間は常に体温を一定に保つ恒温(こうおん)動物です。気温が高く暑い場合には汗をかき、気温が低く寒ければふるえたり、自身で体温をコントロールしています。

小さい子どもが眠っている時、手足がぽかぽか暖かくなっているイメージはありませんか?反対に、手足が冷たい冷え性の人は寝つきが悪く悩んでいる方が多いです。また更年期障害などで顔や体がほてって寝付けない人もいます。このように体温と睡眠は、実は深く関係しています。

コロナ禍ではさまざまな場所で検温がありましたね。体温は2種類に分類することができます。測定する場所によって異なり、体の表面の温度を「皮膚温」脳や内臓など体の内部の温度を「深部体温」と言います。この深部体温が睡眠と密接に関わっています。

私たちの体温は常にぴったり一定ではありません。朝起きて夕方までは上昇し、その後は下降します。寝起きで頭がぼーっとして体の動きも鈍くなりがちですが、時間が経つにつれ自律神経の働きかけで体温、血圧、臓器の活動力が上がります。しかし、一日中活動を続けていると心身に疲労が蓄積していきます。就寝時間が近づくにつれ体温を下げ、睡眠中に全身をクールダウンする準備に入ります。深部体温を低下させるために皮膚の表面から熱を放出し、代謝を下げて休むようにして働いています。一般的に体温がピークに達するのは夕方16時前後、そして睡眠の始まりとともに低下し、一番低くなるのは午前4時頃で1℃ほど変化が出ます。この温度の上下の幅は年齢を重ねるにつれ、変化が小さくなります。

このような体温の変化が毎日きちんと発生していれば、寝つきが良くなって深い眠りを得やすくなります。

しかし不規則な生活や、一日中エアコンの下で生活する人は体温変動のリズムが乱れ、布団に入ってもなかなか寝付けなくなります。ではこのリズムを整えるためにはどうしたらよいのでしょうか。以下、自宅で出来る簡単な対策方法をお伝えします。

〇朝起きて日光浴をする

朝起きて日の光を浴びることによって、睡眠ホルモンの分泌が促されます。さらに交感神経の活性化にも繋がります。自律神経は体温調節機能もコントロールしています。しっかり太陽の光を浴びて、脳に目覚めの合図を送りましょう。

〇一日の始まりにあたたかい物を飲む

寝ている間に発汗で失われる水分を補うために、朝起きて水分を摂ることは大切です。ただ、冷たい飲むと内臓を一気に冷やし体温が下がりにくくなります。体温より少し高くあたためた白湯がオススメです。

〇寒暖差を気にかける

自律神経は5℃以上の外気温変化が発生すると対応が追いつかなくなり、機能が低下します。特に屋外と室内の寒暖差がストレスとなり、自律神経が乱れてしまいます。これからの時期、より寒さも増してくるので衣服や防寒具等で対策をしましょう。

〇寝る直前の入浴

寝る直前の入浴は皮膚温だけでなく深部体温も上がるため、寝つきが悪くなります。体温が下がるまでに1~2時間ほどかかるので、就寝前の90分を目安に入るのがおすすめです。また寝る直前に手足などの末端を、ぬるめのお湯で温めるのも深い睡眠に繋がります。軽く温めることで、末端の血管が拡張して手足の表面からの熱放散がスムーズになります。

いかがでしょうか?なかなか普段から自分の体温を気にかける事は少ないかも知れませんが、よりよい睡眠のためにも出来ることからぜひ取り入れてみてください。

当店では睡眠でお悩みの方には【眠り鍼】のコースをオススメしております。

眠り鍼 45分 6300円  「不眠」「脳疲労」対策プラン

頭・目元・首に鍼をした後、頭の鍼に微弱電流(パルス)を流して心地よい刺激を与え、疲労やストレスで硬くなった頭を柔らかく緩めていきます。仕上げに首肩もみほぐし&ドライヘッドスパ付き。

もちろん通常の鍼灸施術でも、お悩みに応じて全身のケアをさせていただきます。ぜひお気軽にスタッフにご相談ください。

横濱IORI

鍼灸師 HOSAKA

《お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、キャンセルや予約の変更をご検討ください
・マスクの着用はお客様のご判断にお任せいたします
・待合室・トイレに手指消毒液を設置しておりますのでご自由にお使いください

みなさまに安心してご利用いただけますよう努めております。
何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。
※ご不明点・ご相談はお気軽にお電話ください。

関連記事

  1. ウルトラソニックの写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸 横濱IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
鍼灸 青葉台IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
PAGE TOP