IORI BLOG

美顔鍼で乾燥予防

こんにちは。鍼灸 横濱IORIです。

12月に入り寒さが本格的になってきました。
冬は乾燥することもあり、お肌がカサカサしてきてしまいますよね。
今日はお肌の乾燥について書かせていただきます。

乾燥と密接な関係にあるのが、肌の表皮の一番外側にある角質層です。角質層には「バリア機能」があり、バリア機能が正常に働いていると、肌の水分を保ち蒸散を防ぎます。
正常に肌のバリア機能が働いている状態であれば、角質層が外的刺激(紫外線や摩擦など)から肌を守り、肌内部の水分・脂質が逃げるのを防ぎ、潤いのある肌を保つことができます。

そして、このバリア機能をきちんと働かせるための主役となっている成分が「セラミド」です。 健やかで潤っている肌は、角層細胞の間にセラミドがたっぷり豊富に存在します。セラミドが、水分を抱え込み、潤いをキープする作用があります。ところがセラミドが不足してくると、角層の水分を抱える力が弱まって乾燥するため、レンガのように積み重なった角層細胞の並びが乱れてすき間ができてしまいます。

失われがちなセラミドを化粧水などで補う際に、セラミド配合の化粧水を塗布することは一つの方法です。しかし、肌に水分を保持する保湿力では、肌自身が生み出すセラミドに勝るものはないとされます。肌自身のセラミド生成を助けることも重要なのです。

美顔鍼は肌に鍼を刺して肌細胞を活性化させる為、セラミドの生成も促進させる働きがあります。外からの保湿で潤いを与えることも重要ですが、その水分を保持させるために自らセラミドを作り出し、乾燥を起こしにくい肌を美顔鍼でつくりあげていきたいですね。

——————————————
少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております 。
⦅衛生対策⦆
・出勤前後の検温の実施
・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用
・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環
・受付窓を常時開放しての換気
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・施術ベッドの使い捨てシーツの利用
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等
・手袋着用による施術
また、お客様へもご協力をお願いしております。
⦅お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください
・施術中も含めたマスク着用
・来店時の検温と手指消毒
・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止
⦅美顔鍼を受ける方へ》
マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。
※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。
⦅フェイシャルコースの一時休止》
お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。
——————————————

鍼灸 横濱IORI
鍼灸師
KOBAYASHI

関連記事

  1. エントランスの写真
  2. 楊貴妃プラチナのイメージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸 横濱IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
鍼灸 青葉台IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
PAGE TOP