IORI BLOG

秋の肌、身体とお灸


こんにちは。 鍼灸 横濱IORIです。

9月に入り秋を感じるようになりましたね。

そこで秋の季節に出やすい肌荒れや身体の疲れとお灸の関係について投稿させていただきます。

秋の肌荒れは夏の肌荒れの延長線とも言われています。夏の間湿度が高く、汗腺が開いて汗をかくため気づかなかった肌あれが、秋の訪れとともに目立ってきます。
血のめぐりをよくし、夏のダメージ肌に栄養と水分をたっぷり届けて肌の健康をとりもどす必要があります。

東洋医学では秋の肌荒れは「燥邪(そうじゃ)」と関係しています。「燥邪」とは乾燥によるカラダへのダメージのことを言います。

皮膚は毛穴を開閉して体温調節をする働き、紫外線など体外のストレスから身を守るバリアとしての働き、皮脂を分泌して保湿する働きがあります。

空気の乾燥はお肌の一番の敵です。肌荒れは、美容のトラブルだけではなく、肌の持っている体温調節、バリア、保湿といった機能低下のサインであり、また、呼吸器のトラブルをあらわすサインでもあるのです。

9月に入り、すでに冷たく乾燥した風が吹きはじめています。日中、暑さが残るからといって、クーラーや冷たい飲みもの、食べものなど夏の生活を続けると、カラダの乾燥と冷えが進み燥邪の肌荒れがいっそう目立つようになります。

この時期に、夏から秋への生活に切り替えることが、肌荒れに早く対処する秘訣です。

そこで当サロンで燥邪を対処する対策として「お灸」がお勧めです。

お灸には、血流をよくし免疫機能を改善させたり、鎮痛・リラックス効果など様々な効果が期待できます。

今のこの季節にお灸をすることで身体の芯から温めていき血の巡りを良くし燥邪による乾燥を防ぐことが期待されます。

もちろんお身体にも燥邪の影響は出ます。

例えば、口が乾く、目や鼻の乾燥、咳や痰が出やすい、便秘になりやすい等があげられます。

このような症状が出たら是非一度「お灸」をお試しください。スッキリした感覚を感じていただけると思います。

——————————————

少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております 。

⦅衛生対策⦆

・出勤前後の検温の実施

・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用

・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環

・受付窓を常時開放しての換気

・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施

・施術ベッドの使い捨てシーツの利用

・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等

・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等

・手袋着用による施術

また、お客様へもご協力をお願いしております。

⦅お客様へのお願い》

・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください

・施術中も含めたマスク着用

・来店時の検温と手指消毒

・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止

⦅美顔鍼を受ける方へ》

マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。

※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。

⦅フェイシャルコースの一時休止》

お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。

——————————————

鍼灸 横濱IORI

鍼灸師 OUCHI

関連記事

  1. ゼノビアスタンダードのイメージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP