IORI BLOG

身体の疲れによる体温調節の乱れ

こんにちは。鍼灸 横濱IORIです。

9月になり、だんだん暑さが和らぎ暮らしやすくなってきましたね。
夏の間、顔や頭はほてるのに手足は冷たい、なんてことありませんでしたか?
今回は、身体の疲れと体温調整の関係について書きたいと思います。

◎体温調節について

体温調節は血管や血流と大きく関係しています。
寒いときは、体内のエネルギーを使い熱を作ったり、血管を収縮させ血流を促し熱を全身へ運び身体を温めます。
暑いときは、汗を作り皮膚で蒸発させ気化熱によって体表面の温度を下げたり、血管を拡張させることで身体の熱を放出し体温のさらなる上昇を抑えます。

◎疲労が及ぼす体温調節への影響

身体に凝りがあると筋肉の硬さによって血管が圧迫され血流が悪くなったり、疲労が溜まると自律神経のバランスが乱れて血管の収縮・拡張を調節する機能が上手く働かなくなります。
血流や血管の動きが悪くなると、寒いときは血管が収縮せず意図せず放熱を行なってしまったり、暑いときは血管が拡張せず熱が身体にこもってしまいます。
また、東洋医学では体内は外気と同じで、手足などの下方(末端)部は冷えやすく、頭などの上部は熱がこもりやすいとされています。

身体に凝りがあると血流が悪くなり体温調節が上手くいかなくなるので、身体の中で冷えているところ・熱いところが存在してきます。
身体の凝りをケアすることで血流が促され、冷えと身体にこもった熱も同時にケアすることができます。

体温調節の不調を感じている方は、一度お身体を違う視点からみることによって、原因が見えてくるかもしれません。

オススメコース:鍼灸治療90分 13,310円(税込み)

—————————————— 

少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております 。 

⦅衛生対策⦆ 

・出勤前後の検温の実施 
・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用
・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環 
・受付窓を常時開放しての換気 
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・施術ベッドの使い捨てシーツの利用 
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等 
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等 
・手袋着用による施術 

また、お客様へもご協力をお願いしております。 

⦅お客様へのお願い》 

・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください 
・施術中も含めたマスク着用 
・来店時の検温と手指消毒 
・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止 

⦅美顔鍼を受ける方へ》 
マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。
※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。 

⦅フェイシャルコースの一時休止》
お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。

 —————————————— 

鍼灸 横濱IORI 
鍼灸師 ASANO

関連記事

  1. プライベートルームの写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP