IORI BLOG

インテリアの写真

冬は脚の疲れが潜んでいる!?

こんにちは、鍼灸 横濱IORIです。

今年の冬は去年に比べだいぶ冷える気がします、、、
たくさん着込んでいても、寒さで無意識のうちに体に力が入ってしまっているかもしれません。
今回は、<寒さと足の疲れの関係性>についてお話しします。

◎寒いときに起こる身体の反応
寒さを感じると、身体内の熱を逃がさないよう血管を収縮させるため、交感神経を優位にさせます。
また、体が冷えないように筋肉を動かし熱を生み出そうとします。寒いときに体が震えるのはこのためです。
さらに、寒くなると身体を縮こませるのは冷たい外気に触れる面積を極力小さくするためです。

◎足の冷え・疲れについて
上半身はアウターなどできっちり寒さ対策をしていますが脚は他に比べて軽装になりがちではないですか?
(下はダウンやコートは着れないですよね、、、)
そのため足元は他の箇所に比べ寒さを感じやすくなり、無意識に力が入ってしまいます。
緊張状態が続き慢性的に下肢が張ってしまうと、疲労により下肢の流れがより悪くなってしまい、内側からの熱も運ばれにくくなり、更に冷えやすくなってしまいます。
また、冷えが強い方は夜寝る時に脚が冷えて眠れない方もいると思います。
上記に書いた通り、寒さを感じていると血管を収縮させようと交感神経が働いてしまうため入眠しづらくなってしまいます。

◎対処法
まずは足元を外から温めてあげます。
温かい室内などにいても良いのですが空気ではなく、温かいものに触れることで熱が身体に伝わりやすいのでお風呂や温かいものを直接当てる方が効果的だと思います。
その次に下肢のむくみやコリをほぐしてあげます。
血流やリンパの流れが良くなることで温度を維持しやすく、また流れによっての熱も生み出せるのでより温まることができます。

血流やリンパの流れを促し、むくみに対してアプローチを行なったり、硬くなった筋肉がほぐれる鍼が効果的です。
また鍼灸施術では、お灸を併用することも可能なので温まりながら身体をほぐしてみるのもいいですね。
最近では自覚はしていなくても、脚の張りやむくみを持っている方が多いです。
施術を受けることで知らなかった身体の一面を知ることができ、足の軽さを実感できるかもしれません(^^)

▼オススメコース:鍼灸施術60分(パイアン60) 9,130円(税込み)


当サロン独自の新型コロナウイルス感染防止ガイドラインに基づく下記の対策を行なっております。
⦅衛生対策⦆
・出勤前後の検温の実施
・常時マスク・メガネ・ゴーグル着用
・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環
・受付窓を常時開放しての換気
・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施
・施術ベッドの使い捨てシーツの利用
・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等
・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等

⦅お客様へのお願い》
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください
・施術中も含めたマスク着用
・来店時の検温と手指消毒
・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止

《美顔鍼を受ける方》
マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。
※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。

みなさまに安心してご利用いただけますよう努めております。
何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。


鍼灸 横濱IORI
鍼灸師 ASANO

関連記事

  1. オイルトリートメントを受けている女性の写真
  2. ゼノビアスタンダードのイメージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鍼灸 横濱IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
鍼灸 青葉台IORI 店舗詳細
お電話でのご予約・お問い合わせオンライン予約はこちら
PAGE TOP