IORI BLOG

ストレス社会で増えるメンタル疾患と鍼灸

近年ストレスにより体調を崩してしまう方が増えたように感じます。

今回はストレスとは何かと、ストレスに鍼灸がどのような影響を与えているのかを皆さんにお伝えさせていただきます。

病因(病気の原因)には大きく「内因」と「外因」と「不外内因」の3つに分けられます。東洋医学では「内因」とは、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)といった感情の変化や先天的にある生命のエネルギーが不足している状態を表します。一方、「外因」とは外部の環境の状態を表しており、外邪(風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪)があります。内因及び外因のどちらとも当てはまらないものとして「不内外因」というものがあります。例えば、雑音などの環境的要因、睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなど心理的要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。

私たちが日ごろ感じているストレスは、内因や外因、不内外因から刺激を受けた時に生じる緊張状態のことです。つまり、日常の中で起こりうる様々な変化=刺激がストレスの要因となるのです。進学や就職、結婚、出産と言った喜ばしい出来事も変化ですから実はストレスの要因と言えます。

人は生きていくうえで生活や仕事の様々なストレスを受けます。このストレスにより肉体的精神的に様々な歪みが生じ、病が引き起こされるというのが東洋医学的な考えです。歪みに対し治療や施術に対しての刺激を与え、生体反応により歪みを正して本来の健康な状態に戻していくことを重要な目的としています。

鍼灸施術は、心身のストレス反応を鍼灸という物理的ストレスによって改善しようとするものです。痛いと思われる鍼灸施術ですが、実は鍼灸の痛みなどの物理的ストレスは軽微であり痛みよりも快適な感覚を引き起こし、症状の改善はもちろん、リラクゼーション効果を引き起こしているとも言われています。

また心身の不調は皮膚や筋の反応となり、これがツボの反応(色味の変化、皮膚の乾燥、おした時の抵抗感、鈍感等)として現れます。それら反応のあるツボに鍼や灸で刺激を加えることにより自分の力で病を治す力である「自然治癒力」を高めて心身の歪みを整えていきます。

今回注目したいのが自律神経に対する作用です。最近よく耳にするうつ病やパニック障害などの改善にも鍼灸を西洋医学と併用するケースが増加しているのはご存知ですか?うつ病の原因は人それぞれ違いますが、その一つに過労がありす。実際にお客様から一番多く訴えがあるのは、肩こりや不眠です。

現代人は昼夜関係なく働き、身体のケアをする暇なく動いている方がほとんどです。すると、疲労感や硬直感がだんだんマヒしてしまうのです。これは人間の防衛反応のようなもので、交感神経を優位にさせ疲労感を感じなくさせてしまう状態であります。すると、リラックスモードの副交感神経の切り替えができなくなり、神経が興奮し不眠や慢性的な疲労感が蓄積されます。鍼灸で身体の緊張をほぐすと、一気に身体が緩み痛みや凝りが取れていき、メンタル面でも緊張がほぐれ心身共に良い状態にもっていくことができると言われています。

このように鍼灸は不定愁訴(原因がわからない心身の不良状態)があれば必ずそれに応じた経絡=気血(エネルギー)の流れる通路に変動が現れ、そこへ鍼灸施術を行なうことで疾患早期に効果を生じやすいと言われています。更に慢性的な経過をたどり医学的に治療は必要であるが十分な効果および治療は期待できないような症例においては、それ以上の悪化を予防し、新たな疾患の併発を予防する意味での鍼灸の併用の意義があるとも言われています。

鍼灸がメンタル面に効果があるということを知らない人も多く最初から心的不調の改善を目的に訪れる人は少ないのが現状です。東洋医学的な考えで「心身一妙」が重視され、心と身体は分けずに1つのモノと捉えられることから、身体の凝りは心の凝りにもつながっています。

ストレス解消を目的として、西洋医学と鍼灸施術を併用することは有効な心身の改善方法と言えます。

鍼灸施術に不安がある方は、スタッフへお気軽に質問をしていただけましたら幸いです。

——————————————

少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております 。

⦅衛生対策⦆

・出勤前後の検温の実施

・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用

・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環

・受付窓を常時開放しての換気

・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施

・施術ベッドの使い捨てシーツの利用

・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等

・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等

・手袋着用による施術

また、お客様へもご協力をお願いしております。

⦅お客様へのお願い》

・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください

・施術中も含めたマスク着用

・来店時の検温と手指消毒

・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止

⦅美顔鍼を受ける方へ》

マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。

※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。

⦅フェイシャルコースの一時休止》

お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。

——————————————

鍼灸 横濱IORI

鍼灸師

OUCHI 

関連記事

  1. オイルトリートメントを受けている女性の写真
  2. 鍼の写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP