IORI BLOG

東洋医学と西洋医学の違い

こんにちは。鍼灸 横濱IORIです。

今回はどちらも耳にしたことがあると思いますが、なかなか違いが分かりずらい「東洋医学と西洋医学の違い」についてご説明させていただきます。

二つの違いについて知っていただき、どんな時に鍼灸が効くのかなど参考にしていただければと思います。

まず西洋医学は投薬や手術といった方法で、体の悪い部分に直接アプローチして治療していきます。 一般的に病院やクリニックで行われているように、特定の臓器で起こっている変化を採血やCTなどの検査で調べ、その原因に対して手術や薬を処方するといったように、悪い部分へ直接アプローチしていきます。

西洋医学には短い時間で病気を治療できるという良さがあります。

これに対して私たち鍼灸師が得意とする、東洋医学というのは体の不調を内側から根本的に治す(自然治癒力を高める)施術です。東洋医学の領域では、具体的には鍼灸やあん摩、漢方といった方法で施術を進めていきます。また、病気を未然に防ぐため、日頃から疲れを溜めず抵抗力をつけておくというのも東洋医学の考え方です。東洋医学の施術は時間がかかるものの、体に負担がかかりにくい、鍼灸は副作用がないといった良さがあります。

東洋医学的な施術は病気そのものにも注目しますが、起こっている不調を体全体の問題として捉え、体形や年齢、生活習慣などの状態を把握した上で、その人自身が理想とするごく普通の状態からどのくらいズレが生じているかを診ていきます。

診断によって体全体のバランスがどちらの方向に偏っているかを判断し、もとの状態に戻すためにはどうすれば良いかを考えていきます。西洋医学は病名に対して治療法や薬が決まっていますが、東洋医学は病名に対して決まった施術をしていくわけではありません。施術方針もその担当の先生によって違ってきます。

例えば風邪一つをとっても、熱が上がる人もいれば、熱がそれほど高くない人もいますし、鼻水の出る人、咳が出る人、症状は人それぞれです。また、体格のよい若い男性の顔が赤くなっている場合と、高齢で弱々しい人が赤くなっている場合、西洋医学ではどちらも風邪という診断になりますが、東洋医学ではこれらの症状やその人の状態を見て、熱を発散させる目的の施術をしていきます。同じ風邪でも対応は変わってきます。

最近増えているのが、東洋医学的に「未病」と言われる病名ははっきりしないけれど、どこか調子が悪いという人です。例えばおなかの調子が悪く下痢や便秘を繰り返している、なんだか体がだるいといった症状です。下痢や便秘、だるさは西洋医学的には命に関わらないということでそれほど重要視されていませんが、生活の質には大きく影響します。こういったケースでは、西洋医学的と東洋医学の併用が良いとされています。

もちろん、西洋医学と東洋医学は、どちらが良い悪いというものではありません。

ご自身のお身体に合った治療・施術法をみつけていただき、より良い生活を送っていただければと思います。

——————————————

少しでもご来店されるお客様の不安を軽減するため、鍼灸 横濱IORIでは下記の対策を行っております 。

⦅衛生対策⦆

・出勤前後の検温の実施

・常時マスク・メガネ(ゴーグル)着用

・各ベッドにサーキュレーター設置による空気の循環

・受付窓を常時開放しての換気

・出勤時と外出から戻った際の手洗い、うがい、手指消毒の実施

・施術ベッドの使い捨てシーツの利用

・手洗い、手指消毒、使用器具タオル等のお客様毎の交換や消毒等

・お客様退店毎の手を触れる箇所の消毒等

・手袋着用による施術

また、お客様へもご協力をお願いしております。

⦅お客様へのお願い》

・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合、無理せずキャンセルや予約の変更をご検討ください

・施術中も含めたマスク着用

・来店時の検温と手指消毒

・アフターティーサービス及びおしぼり提供の休止

⦅美顔鍼を受ける方へ》

マスクフィルターと固定用の医療用テープを用いて、口と鼻を覆いながら施術をさせていただきます。

※ご同意いただけない場合は、大変申し訳ございませんが施術をお受けいただけません。

⦅フェイシャルコースの一時休止》

お客様と施術者の顔が近づき感染リスクを上げてしまう恐れがある為、一時的にコース・オプションの休止をさせていただきます。

——————————————

鍼灸 横濱IORI

鍼灸師

OUCHI 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
ネット予約はこちら
PAGE TOP